さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ

ホーム > essays > 三田 郷の音 徒然に

三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 33』

皆さま、こんにちは。

徒然写真.jpg

今回のかわら版は舞鶴から小樽へ向かうフェリーの上から書いています。「フェリーで優雅に旅行!?よろしいなぁ~!」という声が聞こえてきそうですが、いえいえ、そうではありません!(笑)れっきとした演奏の仕事で乗船しています。

…と言うわけで今回のエッセイは、三田駅前で飲んでいても、どこで飲んでいても100%の確率で聞かれるこの質問。「音楽家って普段どんな仕事をしてるの?」です。謎多き音楽家の日常をお教えしましょう!

私の場合、吹奏楽、オーケストラ、室内楽、ソロ演奏、大学の演奏補助要員、中高生への吹奏楽部指導、個人レッスン、本番の為のリハーサル、自分の練習、が主な日常です。「毎日、演奏会があるの??」いえいえ。毎日本番があると体も心も疲労困憊してしまいます(笑)。家でゆっくり練習するのも大事な日ですし、休みの日には思い切って楽器を置いて、ゴロゴロするか、美術館に行くか、映画を観に行くか、親友と美味しい物を食べに行くか、または気になる場所に出かけて、次の本番への英気を養います。

美術も映像も食事も全て自分の音楽に繋がってきます。(…と言って飲む事も正当化してしまおう!笑)余談ですが、イタリアの作曲家ロッシーニは美食家として有名ですね!

 

良い音楽は良い日常から!明日からもまた精進したいと思います。

クラリネット奏者
高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

 

投稿者: staff 日時: 2018年10月 1日 10:30

2018年10月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1