さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ

ホーム > essays > 三田 郷の音 徒然に

三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 29』

皆さま、こんにちは!NHK交響楽団の中村翔太郎さんからバトンを引き継ぎました、クラリネットの高橋由有子です。1年間宜しくお願い致します!

郷の音ホールでは、第2期のSATONONEレジデンシャルアーティストとして活動させていただきました。皆さま、その節は温かい応援をいただき本当にありがとうございました!

さて、今回はよく質問される「楽器を始めたきっかけ」についてお話ししたいと思います。

クラリネットを始めたきっかけは中学の吹奏楽部ですが、実はサクソフォンが第1希望でした。しかし、キラキラと輝くサクソフォンは1番人気!じゃんけんに負けてしまい、最後までポツンと売れ残っていたクラリネットに…!!

深~い落ち込みと共に家に帰った記憶がありますが、じゃんけんに勝っていれば、今どんな人生を歩んでいたか分かりませんし、このエッセイを担当する事も無かったかもしれません!

あの日、〝パー〟を出してくれた友達に感謝です。(いやぁ、負けて良かった〜!)

image1.JPG

クラリネット奏者      高橋由有子

~郷の音ホールを愛するゆかりの方々によるショートエッセイ第29回です。次回もお楽しみに~

投稿者: staff 日時: 2018年2月 1日 11:40

2018年6月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1