さとのねブログ

三田市総合文化センター「郷の音ホール」オフィシャルブログ


三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 34』

こんにちは。あっという間に12月ですね!
クラシック界の12月と言えば、そう!「第九」です。実は2018年は日本で第九が初演(1918年6月1日)されてから100周年の記念すべき年なのです。そして、その初演の地は徳島県板東町(現・鳴門市)でした。なぜ板東が初演の地だったのか?興味のある方は映画「バルトの楽園」をご覧いただければと思います(笑)。

さて、テレビで流れてくる第九は、ほとんどが第4楽章543小節目からの合唱もオケもテンションが最高潮に達する「フロ~イデ~♪」の部分なのですが、皆さまお気づきでしたか?あの部分、実はクラリネットはお休みしているのです!(どうしてあの感動的な部分を休符にしたのか、タイムマシンがあるならベートーヴェンに問い詰めたいところです。)
ではその間、私たちクラリネット奏者は何をしているのか?感動に浸りつつ……楽器内部の掃除をしています!(笑)掃除している確率ですが、100%と断言してもいいでしょう。この12月、日本国内でどれだけ第九が演奏されているのか数えてみたところ、なんと179公演(!)もありました。もしこれから合唱で参加される方、または第九を聴きに行かれる方はクラリネット奏者の行動も是非とも注目して見ていただければと思います。

さて、このエッセイも残念ながら今回が最後となってしまいました。
次回からは郷の音でもお馴染み、「うたうフルーティスト」こと小中公平さんにバトンタッチします。1年間という短い間でしたが、稚拙な文章にお付き合いいただき本当にありがとうございました!またホールのどこか、三田駅前のどこかでお会いしましょう!(余談ですが、来年の2月17日(日)14:00から郷の音ホールで吹奏楽をバックにクラリネット協奏曲を演奏することになりました。なんと入場無料です!是非ともお越しくださいね!)

クラリネット奏者  高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

投稿者: staff 日時: 2018年12月 4日 16:06


【第39回 三田市美術展 ポスターと作品募集要項】

「第39回三田市美術展」のポスターと作品募集要項が出来上がりました!
前回は候補に挙がったポスター案の写真をご紹介しました。その後どうなったのかと、結果を心待ちにしてくださっていた皆さま方もおられるのではないでしょうか。
今年度、実は・・・私たち職員も予想だにしなかったまさかの前年度と全く同じデザインの(正確には、背景の配色が若干変化している)ものを採用することになりました。
三田市美術展といえばコレ!という“風物詩”のようなデザインが良いのではないかと運営委員会から声が挙がり、それが昨年度のデザインが注目されるきっかけとなりました。

ブログ①.JPG   ブログ1.jpg

この図柄の中に【 三 田 】の文字がかくれてデザインされているのがお解りになるでしょうか。見れば見るほど緻密に計算された中に深い味わいのあるデザインなのです。

現在、三田市内・外の各施設等への発送を順次進めています。三田市美術展のことを多くの方々に知っていただきたく、ポスター掲示の御協力、作品募集要項を置いてくださる店舗や施設をまだまだ探しております。お声掛けをいただけると嬉しいです!
どうかよろしくお願いいたします。

投稿者: staff 日時: 2018年10月29日 17:07


三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 33』

皆さま、こんにちは。

徒然写真.jpg

今回のかわら版は舞鶴から小樽へ向かうフェリーの上から書いています。「フェリーで優雅に旅行!?よろしいなぁ~!」という声が聞こえてきそうですが、いえいえ、そうではありません!(笑)れっきとした演奏の仕事で乗船しています。

…と言うわけで今回のエッセイは、三田駅前で飲んでいても、どこで飲んでいても100%の確率で聞かれるこの質問。「音楽家って普段どんな仕事をしてるの?」です。謎多き音楽家の日常をお教えしましょう!

私の場合、吹奏楽、オーケストラ、室内楽、ソロ演奏、大学の演奏補助要員、中高生への吹奏楽部指導、個人レッスン、本番の為のリハーサル、自分の練習、が主な日常です。「毎日、演奏会があるの??」いえいえ。毎日本番があると体も心も疲労困憊してしまいます(笑)。家でゆっくり練習するのも大事な日ですし、休みの日には思い切って楽器を置いて、ゴロゴロするか、美術館に行くか、映画を観に行くか、親友と美味しい物を食べに行くか、または気になる場所に出かけて、次の本番への英気を養います。

美術も映像も食事も全て自分の音楽に繋がってきます。(…と言って飲む事も正当化してしまおう!笑)余談ですが、イタリアの作曲家ロッシーニは美食家として有名ですね!

 

良い音楽は良い日常から!明日からもまた精進したいと思います。

クラリネット奏者
高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

 

投稿者: staff 日時: 2018年10月 1日 10:30


【第39回 三田市美術展始動!】

「スーパーキッズ・オーケストラ」「無声映画」「歌声ひろば」「さとのねシネマ」と秋の郷の音ホールは多彩なイベントが目白押しです。
「第39回 三田市美術展」開催の第一歩、運営委員会もスタートしました。
前回実施された運営面の課題を運営委員のみなさんと確認しながら、開催スケジュール、各部門の募集要項案の調整などが話し合われました。
そんな中、今回のポスターについては、写真の3案から選定が行われました。 どの案が選ばれ、選ばれなかったのか・・・ ポスター完成までしばしお待ちください!

三田市美術展⑨.JPG三田市美術展②.JPG

 

 

 

 

三田市美術展④.JPG

三田市美術展③.JPG

 

 

 

 

 

投稿者: staff 日時: 2018年9月20日 17:52


【さかなクン、ありがとう!☆スーパーキッズオーケストラへバトンタッチ!】

先日の「さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室」講演会では、沢山のお客さまにご来場をいただき、誠にありがとうございました!
お魚の生態から海の環境のお話まで、身振りや手振り、様々なお魚に扮した声色を使い分けられ、パワフルにお話をしてくださいました。
さかなクンの人柄の良さを感じる瞬間が随所にあり、お魚のお話を通して心がホッコリ温かく、優しい気持ちになったお客さまもたくさんおられたようです。
講演中にさかなクンが描いた素敵なお魚のイラストを、1階エントランスでしばらくの間公開しています。
当日ご来場いただけなかった皆さまも、この機会にぜひ郷の音ホールへさかなクンのイラストを見にお立ち寄りください。

そして、いよいよ芸術の秋が到来、来月はスーパーキッズオーケストラがやってきます。
ホールに足を運んでくださるからこその醍醐味や感動を、スーパーキッズが奏でる響きからたくさん感じていただける素敵なコンサートです。
ご期待ください!

さかなクンブログ用3.JPG さかなクンブログ用.JPG


 

 

 

さかなクンブログ用2.JPG

 

 

 

 

 

投稿者: staff 日時: 2018年9月14日 12:26


【9月9日は楽しみなイベント2つ!】

“こんな時どうする!?”避難訓練コンサートが無事に終わりました。

9月9日は「さとのねキッズシアターVol.8 クラシック・ミーツ・キッズ」、 「さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室」と2つのイベントを開催予定です。
どちらのイベントもご好評をいただいており、ご案内のできるお座席がない状況です。今後につきましては、予約キャンセルが出た場合のみ販売いたします。

「クラシック・ミーツ・キッズ」は楽しい歌とノリノリ打楽器の演奏を お楽しみになさっていてください!

「さかなクン講演会」はご来場になる前にぜひ、 近所のお魚屋さんで季節のお魚などをチェックしてみてくださいね!
 

9月9日(日)【コンサートイベント】
~こどものこころに栄養を~
さとのねキッズシアターVol.8
クラシック・ミーツ・キッズ
開演/14:00
場所/三田市総合文化センター郷の音ホール アクトスクエア

9月9日(日)【講演会イベント】
さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室
開演/16:00
場所/三田市総合文化センター郷の音ホール 大ホール

 

クラシック・ミーツ・キッズチラシ画像.jpg0909さかなクンチラシ.jpg

 

投稿者: staff 日時: 2018年9月 3日 11:51


全力投球な人に会いに行こう!!

甲子園は高校球児たちが連日熱戦を繰り広げていますね。
郷の音ホールでは、兵庫県吹奏楽コンクールの本会場として 社会人・大学・中学・高校生たちが2日間の濃密な時間を過ごしています。
ある分野を一筋に懸命に打ち込んでいる姿には、観ている者の心を 爽やかな気持ちにさせる力があるようです。

9月講演会「さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室」でも、 お魚の魅力を多くの人たちに知ってもらいたい純粋な気持ちでいっぱいの “さかなクン”が、お魚の正しい知識や環境問題などについて熱く熱く語ります!
海洋に関する普及と啓蒙活動の功績が認められ「海洋立国推進功労者」として 内閣総理大臣賞を受賞したこともある“さかなクン”
ひたむきに純粋に取り組む人の姿を郷の音ホールでぜひ生でご覧になってください。
お座席の確保はお早めに!

sato-netoおもて0721-001.jpg

9月9日(日)
さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室
開演/16:00 場所/三田市総合文化センター郷の音ホール 大ホール
便利なオンラインチケットもご活用ください

投稿者: staff 日時: 2018年8月12日 12:09


館長のつぶやき(8月)

異常気象にならない梅雨を願っていましたが、残念ながら今まで経験したことのないような梅雨末期となってしまいました。

今回の西日本豪雨と、周年事業として取り組んでおります「七夕フェスティバル」が折り悪く重なり、中止か催行かの判断に悩みました。中止にする場合でも、告知の範囲があまりにも多方面に渡るため、悪い意味の混乱が生じる事なども熟慮いたしました。最終的には、当ホールの地域は避難勧告の該当地区でないなどを勘案し、規模を縮小して、また、絶えず武庫川の水位や雨量を確認しながら、お客様はもちろん運営側のスタッフの安全確保を大前提に、開催をいたしました。

「不要不急の外出は控えて」と注意喚起が出されていることも承知しつつ、当日、ご来館いただきましたお客様ならびに関係者の皆様方にはこの場を借りて御礼申し上げますとともに、今後とも郷の音ホールへのご支援、ご理解をお願い申し上げます。

投稿者: staff 日時: 2018年8月 7日 10:12


三田 郷の音 徒然に

ショートエッセイ『三田 郷の音 徒然に 32』

皆さま、こんにちは。例年にない酷暑、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、先日この酷暑を吹き飛ばすぐらいのビッグな買い物をしました!長年に渡って愛用してきたクラリネットの買い替えです。「え、楽器って消耗品なの!?」という声が聞こえてきそうですが、ズバリ!楽器は消耗品です。(管楽器に対しての話ですが)

買い替えのタイミングの個人差はありますが、最近は色んな楽器メーカーが〝より良い〟楽器の開発に着手しており、毎年のように新機種が発売されます。(ちなみにヴァイオリンは誕生した時にすでに形が完成していたので、450年以上ほとんどモデルチェンジをしていません。そして、その頃まだクラリネットは誕生しておりません!悲しい!涙)

image001.jpg

さて、買い替えとなると次に皆さんが気になるのは値段ではないでしょうか?(笑)紙面で書くのは生々しいので、ざっくりと三田牛で計算してみました。約40キロ弱分だそうです!(逆に分かりにくい!)

新たな私の相棒も、三田牛のように濃密で、柔らかで、それでいて繊細な表現が出来るように、より一層頑張りたいと思います!(オチが決まった!)

クラリネット奏者
高橋由有子

  ~次回もお楽しみに!~

 

投稿者: staff 日時: 2018年8月 2日 13:23


9月は "さかなクン" が郷の音ホールにやってきます!

暑中お見舞い申し上げます!
先日のアロージャズコンサートの感動と興奮がさめやらぬなか、
ギョギョッとびっくり!あの”さかなクン”がやってきます。
お魚のことならなんでも知っているさかなクン、
トークにクイズ、おどろくお話がいっぱい!
ぜひお越しください。

9月9日(日)
さかなクンのギョギョッとびっくりお魚教室
開演/16:00
場所/三田市総合文化センター郷の音ホール 大ホール
インターネットからご予約できる便利なオンラインチケットもご活用ください

無題.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: staff 日時: 2018年7月30日 12:04

WHATS NEW

2018年12月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ



最近のコメント

最近のトラックバック

Powered by
Movable Type 4.1